6.残代金の受領と物件の引渡し

契約に定めた内容で物件の引渡しを行います。

物件の状況を改めて確認しましょう。

残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売買契約は全て完了します。

    

■残代金決済時にご用意いただくもの。

 必要書類

関係書類

・登記済証または登記識別情報通知

      

・実印

  

・印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)

     

・固定資産税納付書

・管理規約、パンフレット、建築確認通知書など

・売却物件の鍵

   

諸費用

・登記費用(抵当権抹消費用また住所変更表示登記費用等)

・仲介手数料の残金

 

■残代金決済の流れ

残代金決済の場所は、買主様が住宅ローンを借りる銀行で行う場合がほとんどです。

売主様、買主様当社担当者、金融機関担当書、司法書士などの関係者が集まり、買主様のローン実行、残代金のお支払い、登記申請(売主様の抵当権抹消、売主様から買主様への所有権移転、買主様の抵当権設定)を同時に行うのが一般的です。

残代金決済が終わってから鍵をお渡しし、引渡しが完了します。

★登記申請の準備

  

□司法書士に所有権移転登記などに必要となる書類を渡し、司法書士が書類確認を行います。

                      

★金銭の授受

         

□買主様から売主様へ売買代金の残金を支払います。また、買主様に負担いただくことになる費用(引き渡し日以降の固定資産税、管理費等)を清算します。

★関係書類・鍵の引渡し

  

□買主様へ引き継ぐべき書類(管理規約、取扱説明書など)と対象物件建物の鍵を引き渡します。その後、引渡し完了確認書に署名・捺印をいただきます。

★諸費用のお支払い

□仲介手数料の残金および司法書士への登記費用などの諸費用をお支払いいただきます。

 

■確定申告

  

お住いを売却した場合、税務署へ確定申告を行い、譲渡所得に応じた税金(所得税・住民税)を納める必要があります。

また、居住用財産の譲渡にかかわる様々な特例の適用、あるいは譲渡損失が発生した場合の控除についても税務署への申告が必要になります。

詳しくはお近くの税務署へお問合せください。